素敵な素敵なオーバル皿を買いました。

こんにちは。ろんどん。です。

先日、お互い講義が終わって、まったりしていた時のこと。

ふっと棚に並んだ食器たちを見て、彼女が一言。

 

食器、良いヤツに替えていきたいね。

 

いや、思ってた。分かってたけどなかなか踏み出せなかったんだよなぁ。

今ある食器たちは、ほとんどがナチュラルキッチンで買いそろえたもので、

値段も質も申し分ないのだけど、”何か” が足りない。

 

ということで、二人で雑貨屋さん巡りをすることに。

 

平日ということもあって、ゆっくりといろいろなところを廻りました。

 

中でも、すごく良かったお店が、

大通公園から少し西に行ったところにある

Licht リヒト やきもの と 手の仕事  さん。

 

View this post on Instagram

. .  今日は久しぶりに気持ちよいお天気でした!  ヒウラユカさんより真鍮のお匙が入荷しました。柄が短かめで少しれんげのような雰囲気の美しい作品。早速使ってみましたが、スプーンとして、とりわけ用の匙して、とても実用的。うつわとの合わせも楽しいです。 → 完売しました。ありがとうございます  柄の長さは2種類あります。 長さ ①約132㎜ × 幅約42㎜ ②約137㎜ × 幅約42㎜ @¥3300+税  真鍮の匙というと韓国のスッカラが有名ですね。金気や熱の伝わり方を気にされる方もいらっしゃるかもしれませんが、使うとふつうに馴染んでくれました。  お取り置きも承ります。 DMよりご連絡くださいませ。  #ヒウラユカ #匙 #licht_utsuwa

A post shared by Licht (@licht_utsuwa) on

 

 

見入ってしまって写真を撮れていなかったので、

今回は、Lichtさんのinstagramの投稿を貼らせて頂きました。

 

選び抜かれた、食器やカトラリーがたくさん並んでいて、

見ているだけでも、心躍ります。

それらを、ある種の芸術品のように、

二人でゆっくりと鑑賞しながら、

『この食器で、なに食べたい?』

なんて話していました。

 

店主さんもとても気さくな方で、

私たちが気になって見ていたお皿や、カトラリー、

そしてそれを作った作家さんのことまで、いろいろと教えてくださいました。

 

とてもいい時間でした^^

 

 

そして、二人で悩みに悩んで、買って帰ったのがコチラ。

 

 

すごく素朴なオーバル皿。

 

シンプルなデザインなのだけど、どこかあたたかい。

手に取ってみると、その薄さと、手馴染みの良さに驚かされます。

使いたい、使っていたい、と素直に感じさせるお皿です。

 

こちらのお皿は、岐阜県で活動されている作家『大江 憲一』さんの作品で、Lichtさんでは、定番でとても人気なようです。

いつか、大江さんの、絶対に垂れない醤油さしと、少し大きめの八角のお皿が買いたいなぁ。

 

 

食器を替えると、食事が変わる。

 

気持ちが引き締まり、

心を込めて「いただきます」と言いたくなる食器を、

これから迎え入れていきたいです。

 

Lichtさん、ゆったりとした時間が流れる、素敵なお店でした。

また行きたいなぁ。

 

それでは。

 


 

Licht やきものと手の仕事

:住所/北海道札幌市中央区大通西15丁目3−6 土井ビル 2F
:電話/011-839-2571
:営業/平日 12:00-19:00 土・日・祝 11:00-18:00
:休み/水、木

 



シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です